スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告


ARIA(67)
「結局さ灯里はこの水上バスみたいな奴なのよ」

『え?』

「こうして甲板の上からのんびり眺めていると見慣れたはずのネオ・ヴェネツィアの街の景色が」

「自分でも驚くくらいにキラキラ輝いて流れてくるのよねー」

「どこかレトロで間が抜けているかもしれないけど」

「私達にとって当たり前だったものすべてをもう一度キラキラ輝かせてくれてるのかもしれない」

「灯里っていう光を照らすことで ね」


ARIA7巻 by 「藍華」『アリス』
灯里がなぜあんなに皆に親しまれているのかを語ったセリフ。
灯里は皆と仲良くなる力があり、その皆をつなげることが出来る「コネクター」みないな存在なのかもしれませんね。



ARIA(11) (BLADE COMICS)ARIA(11) (BLADE COMICS)
天野こずえ

ARIA(12) (BLADE COMICS) ARIA 9 (9) (BLADE COMICS) ARIA 8 (8) (BLADE COMICS) ARIA 7 (7) (BLADE COMICS) ARIA 6 (6) (BLADE COMICS)

by G-Tools
スポンサーサイト

AQUA&ARIA
0

thema:本の中にあるいい言葉 - genre:本・雑誌


trackback URL
http://timekeeper.blog25.fc2.com/tb.php/86-d4dee955
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。